中高年 腰痛

腰痛の治療法の5つの疑問とは?

私の周りでも腰痛の悩みを抱えている人は
たくさんいます。

 

また、腰痛は多くの日本人が抱える悩みで、
8割の国民が一生に一度は発症すると言われているほど一般的な疾患です。

 

なので、腰痛が発症している人は、整形外科を
受診したり、整体や針、あるいはマッサージに
通ったりしているのです。

 

中には、腰痛が慢性になっているので、治らないものだと
諦めている人もいます。

 

一方で、日本は最先端の医療を受けられる国でありながら、そこに暮らしていて、
腰痛が治らなかったり、繰り返しぎっくり腰になってしまうのはなぜでしょうか。

 

まずは腰痛に対して、多くの人が持っている疑問から解説していきます。

 

腰痛の治療法は安静にしておけば治るのか?

 

 

ぎっくり腰で凄まじい痛みがする時には動く事が辛いものです。

 

ですが、長期間安静でいる事が逆に回復に良くないというのは、
紛れもない事実です。

 

なぜなら、ずっと安静にしていると、髄核がずれたまま固まってしまい、
筋肉が緊張する原因がそのままになってしまうからです。

 

なので、痛みが酷ければ1日や2日程度は寝ていても問題はありませんが、落ち着いたらすぐに
起きるように努力し、痛くても出来れば普通の生活をする方が、回復するのが早いのです。

 

腰痛の治療法は筋肉を鍛えれば治るのか?

 

 

「腹筋や背筋が極端に弱いので腰痛になる」「体幹を鍛えれば腰痛は治る」
と多くの人は思っていますがこれは間違いです。

 

なぜなら、腰痛は、腰の筋肉が硬くなる事で、神経が圧迫されて、痛みが起きるので、
腰の筋肉が余計に硬くなってしまうような腹筋や背筋、体幹トレーニングなどをすれば、
腰痛が改善されるどころか、余計に酷くなってしまうからです。

 

なので、鍛え抜かれたプロ野球選手でも長年の腰痛に悩まされて引退してしまう人もいますし、
逆に筋肉の全くない高齢者の方でも腰痛が発症しない人もいるのも事実なのです。

 

また、腰痛の人が筋肉を鍛えた実験では、
「筋肉量は増加したが、腰痛の改善はみられなかった」という結果が出ています。

 

腰痛の治療法は温めたり冷やしたりすると良いのか?

 

 

腰痛を治療するのには、「温めた方が良いのか、冷やした方が良いのか」
をきちんと分かっている人は少ないと思います。

 

結論から言えば、どちらでも痛みが和らげば結構です。

 

また、捻挫や打撲などの一般的な怪我に対する手当てとしては、赤く腫れている急性期には
冷やして腫れを引かせ、慢性期には温めて血流を良くするといいと言われています。

 

ですが、腰痛の場合、温めたり冷やしたりしても対処療法でしかなく根本的な治療にはならないので、
わざわざ温めたり冷やしたりする必要はありません。

 

ちなみに、冷湿布も温湿布も効果はほぼ同じで、温湿布は唐辛子の成分が入っているので、
温かいような感じがするだけです。

 

詳しくはコチラでも書いてます。
↓ ↓ ↓
腰痛解消のためにも腰は冷やさない方が良いのか?

 

腰痛の治療法は薬や注射で痛みを止めれば大丈夫なのか?

 

 

薬や注射は急性の腰痛を和らげる効果があるので、激しい痛みで日常生活に弊害がある時は、
薬で痛みを止めた方が楽に過ごせます。

 

ですが、慢性腰痛に対する薬や注射の効果は確実ではなく、長期間にわたる薬の服用を
継続するのは、副作用の可能性もあるので推奨できません。

 

なので、「薬や注射はどこまでも痛みを緩和する対症療法でしかない」
事を覚えておく必要があります。

 

腰痛の治療法は手術を受ければ良くなるのか?

 

 

以前は、腰痛の治療に対して積極的に手術を行っていた時がありました。

 

ですが、現在では足の痛みやしびれのない腰痛では、手術を推奨する整形外科医は
言うほどいません。

 

なぜなら、手術後にむしろ腰痛が悪化してしまう人もいる事から、
「腰痛の治療で手術が行われる事が少なくなった」からです。

 

また、腰椎を固定する手術をすると、数年後に固定した上下の椎間板が傷んでくる事があり、
手術をするかどうかはじっくり考える必要があります。

 

 

ちなみに、慢性の腰痛で悩んでいる方は、なかなか無料の情報だけでは
治す事は難しいかと思います。

 

例えば、このDVDなどは4枚セットになっていて
非常に濃い内容になっています。

 

効果保証などもついているので試してみて損はないでしょう。

 

そう考えると早めに自分で腰痛を短期間に改善する方法を、
手に入れておいた方がいいでしょう。
腰痛改善・解消ストレッチ「福辻式」DVDのレビュー