腰痛 糖化

腰痛改善のために糖化を防ぐ事の重要性とは?

 

腰痛で悩んでいる人は年をとるごとに増えていきますが、老化の原因のひとつに
「糖化」という現象があります。

 

また、糖化が起これば、たんぱく質が劣化して全身の老化が進みます。

 

なぜなら、糖化とは、体の中の余分な糖がたんぱく質とつながる事で、
老化の原因物質であるAGEという物質が生み出される事だからです。

 

また、白内障や白髪、皮膚のしわなどにも関わっているといわれており、
関節の軟骨や靱帯、腱などが劣化すると関節の障害を引き起こします。

 

 

一方で、腰椎の椎間板に糖化が起これば、椎間板の線維輪が劣化して、姿勢や動作で髄核が
動く事で線維輪に亀裂が入りやすくなって、椎間板ヘルニアや椎間板変性症に結びつきます。

 

 

また、骨の中のコラーゲンに糖化が起これば、骨質という骨のしなやかさが失われ、
骨折や変形を起こしやすくなります。

 

 

ちなみに、慢性の腰痛で悩んでいる方は、なかなか無料の情報だけでは
治す事は難しいかと思います。

 

例えば、このDVDなどは4枚セットになっていて
非常に濃い内容になっています。

 

効果保証などもついているので試してみて損はないでしょう。

 

そう考えると早めに自分で腰痛を短期間に改善する方法を、
手に入れておいた方がいいでしょう。
腰痛改善・解消ストレッチ「福辻式」DVDのレビュー

 

 

糖は摂取しなくても大丈夫なのか?

 

「糖を摂取しないと頭が働かない」と考えている人は多いと思いますが、
実際のところ糖は脳の唯一の栄養素ではありません。

 

なぜなら、脳の細胞は糖だけではなく、ケトン体という脂肪を分解した物質も
栄養素として活用する事が出来るからです。

 

また、脳の神経細胞にとっては、ケトン体の方が神経の機能のためには良いのです。

 

ちなみに赤血球だけは、糖が唯一の栄養素ですが、体には糖新生という糖が足りなければ
作り出す機能があるので、結局糖質は摂取しなくても良い栄養素なのです。

 

一方で、低炭水化物ダイエットは、糖質を抑制すればたんぱく質の摂取量が相対的に
増加するため、関節を作る素材となるアミノ酸の供給が増加するというメリットもあります。

 

すると、筋肉・靱帯・軟骨・骨を形成してサポートするコラーゲンやエラスチンの
新陳代謝が盛んになり、筋肉の量が増加して痛んだ組織の修復が促進され、
腰痛や関節痛の改善につながります。

 

 

また、低炭水化物ダイエットは、たんぱく質だけでなく脂肪の摂取量も増加します。

 

脂肪を摂りすぎると、高脂血症になるのではないかと心配する人も多いと思いますが、
コレステロールは特に心配する事はありません。

 

なぜなら、コレステロールという物質は、細胞膜やホルモンの大事な成分なので、
食事で摂取するものは2割程度しかなく、8割は肝臓で作られたものだからです。

 

なので、「大量の卵を食べたからといって悪玉コレステロールが増加するわけではない」
というのがひとつ目の理由なのです。

 

また最近、「血液中のLDLコレステロールが高かったとしても、それ程問題はない」
という事が分かってきたというのがもうひとつの理由です。

 

また、「悪玉コレステロール」と呼ばれているLDLコレステロールですが、
実際には体にとっては必要なものです。

 

なぜなら、死亡率でみると、LDLコレステロールが若干高めのほうが死亡率が低く、
LDLコレステロールが低いと死亡率が上がるという事が医学的にも証明されているからです。

 

一方で、たんぱく質と脂肪は、人間が摂取するべき必要不可欠な栄養素ですが、
炭水化物は必要不可欠な栄養素に含まれていません。

 

なぜなら、炭水化物は3大栄養素には含まれていますが、3大栄養素というのは大抵の現代人が
摂取している栄養素という意味合いしかないからです。

 

なので、この事からも低炭水化物ダイエットは、必要不可欠なものを食べて
あまり必要でないものは食べないという、常識的な食事法と言ってもいいのです。

 

ちなみに、ダイエットをしようと思っている方は、なかなか無料の情報だけでは
効果を得る事は難しいかと思います。

 

例えば、このBYE-10ダイエットプログラムというDVDなどは、アメリカのダイエット理論を
取り入れたプロのパーソナルトレーナー監修のダイエットDVDで、管理栄養士監修の
BYE-10ダイエット特別メニューも紹介されています。

 

そう考えると早めに2ヶ月間でマイナス10キロを目指す
ダイエット方法を、手に入れておいた方がいいでしょう。
BYE-10ダイエットプログラムのレビュー