腰痛 判定

腰痛の判定の基準で自分の腰痛のタイプを探す

体を前後に動かすなどの、実に簡単な動きによって
腰痛のタイプを3つに分ける事が出来ます。

 

また、腰痛のタイプを判定する方法は、
「後屈改善タイプ」「前屈改善タイプ」
「側方改善タイプ」
の動きと姿勢を実行した後に、
「痛みが改善した」か、「変化しない」か、
「悪化した」かで行います。

 

なので、腰痛のタイプの判定の基準となるのは、
「痛みの範囲」「痛みの強さ」
「動きやすさ」
なのです。

 

また、重要性は、@痛みの範囲A痛みの強さ
B動きやすさの順番になり、この3つの指標でその動きを行った痛みの変化に注意します。

 

なぜこれらが指標になるのかというと、例えば、膝を怪我し
て入り込んだ雑菌によって化膿して放っておくと、大きくなって痛みの
範囲が拡がり、痛みも強くなり、腫れによって足を動かしにくくなります。

 

逆に膝の怪我の膿が出て改善すると、小さくなって痛みの範囲が狭まり、
痛みも軽くなって、腫れが引いて足も動かしやすくなるわけです。

 

そして、これと同じ様な事が、腰でも起こっていると考えれば理解しやすいでしょう。

 

また、痛みの範囲、痛みの強さ、動きやすさを判定する時の要点は以下の通りです。

 

痛みの範囲

 

 

姿勢や運動によって痛みの範囲が狭くなれば「改善」、変わらなければ「不変」
範囲が拡がれば「悪化」と3段階でジャッジしていきます。

 

腰痛の場合は、腰の真ん中に痛みが集中している場合は、改善してくると考えて良いでしょう。

 

また、足の方へ痛みが拡がっている場合は、神経を圧迫している事が考えられ、
坐骨神経痛といって悪化している合図です。

 

痛みの強さ

 

 

痛みの強さに関連しては、当たり前の事ですが、痛みが弱まれば「改善」
変化がなければ「不変」、強くなれば「悪化」とジャッジします。

 

もし痛みの強さが変わらなかったとしても、痛みを感じる頻度が低くなれば「改善」
変化がなければ「不変」、頻度が高くなれば「悪化」とジャッジします。

 

動きやすさ

 

 

痛みの範囲や痛みの強さの変化が明確にならない時は、動きやすさで判断します。

 

腰が動きやすくなっていれば「改善」、変化がなければ「不変」
動かしにくくなっていれば「悪化」とジャッジします。

 

歩いた時に痛みが発生する人の場合は、歩きやすくなっていれば「改善」
変化がなければ「不変」、歩きにくくなっていれば「悪化」とジャッジします。

 

例えば、それまで痛くて歩くのが10分が限界だった人の場合、20分歩けたら「改善」
逆に5分歩いてこれ以上は歩けなくなっていたら「悪化」とジャッジします。

 

 

ちなみに、慢性の腰痛で悩んでいる方は、なかなか無料の情報だけでは
治す事は難しいかと思います。

 

例えば、このDVDなどは4枚セットになっていて
非常に濃い内容になっています。

 

効果保証などもついているので試してみて損はないでしょう。

 

そう考えると早めに自分で腰痛を短期間に改善する方法を、
手に入れておいた方がいいでしょう。
腰痛改善・解消ストレッチ「福辻式」DVDのレビュー