腰痛 電車通勤

腰痛を電車通勤しながらの改善術とは?

 

後屈改善タイプの場合

 

電車通勤をしている人にとって満員電車も腰痛の大敵です。

 

また、田舎から都会に通勤している人などは、座席が取れず、何時間も立っていると腰痛が
出てきて、立ち続けるのが辛くなります。

 

一方で、後屈改善タイプの人は、立っている時に腰が伸びる姿勢は悪くはありません。

 

ですが、長時間同じ姿勢でいると椎間板のずれが発生し、腰痛が悪化します。

 

なので、後屈改善タイプの人が電車で立っている時の腰痛改善方法は、腰を反らす動きを
主体にした後屈改善タイプ用の
「腰ゆらし」を追加する必要があるのです。

 

また、「腰ゆらし」は非常に簡単な動作です。

 

なぜなら、背骨を意識しながら、ゆっくりと腰を反らしたり戻したりするだけだからです。

 

なので、吊革につかまりながら行えば、体重の負担を減少させる事が出来るので、
腰の緊張が解れやすくなるのです。

 

また、車内が混雑し過ぎて大きな動きが出来なくても、背骨を少し動かすだけで
出来る小さな動作なので問題ありません。

 

もちろん、電車だけに限らず立ち続ける必要がある全部の局面で有効なので、
是非覚えて効果を実感して下さい。

 

後屈改善タイプ用反らしメインの腰ゆらし

 

 

@背骨のひとつひとつの動きを意識しながら、背骨をゆっくりと伸ばしていきます。
  胸を斜め上45度に突き上げて腰を反らして、その姿勢を2、3秒間維持します。

 

A背骨の動きを意識しながら、痛みが出ないところまで背中を丸めて、2、3秒維持する。

 

B@とAを10回反復する事を1セットとして、痛みが出たときに行います。

 

前屈改善タイプの場合

 

 

前屈改善タイプの人は立ったまま乗っていると腰が痛くなります。

 

なぜなら、前屈改善タイプの人は長時間立っていれば、後屈改善タイプの人より
腰痛か出やすいからです。

 

なので、そんな場合には、腰を曲げる動きを主体にした後屈改善タイプ用の
「腰ゆらし」が有効なのです。

 

前屈改善タイプ用反らしメインの腰ゆらし

 

 

@背骨のひとつひとつの動きを意識しながら、背骨をゆっくりと曲げていきます。
  背中を丸めて猫背になり2、3秒間維持します。

 

A背骨の動きを意識しながら、痛みが出ないところまで背筋を伸ばし、2、3秒間維持する。

 

B@とAを10回反復する事を1セットとして、痛みが出たときに行います。

 

 

ちなみに、慢性の腰痛で悩んでいる方は、なかなか無料の情報だけでは
治す事は難しいかと思います。

 

例えば、このDVDなどは4枚セットになっていて
非常に濃い内容になっています。

 

効果保証などもついているので試してみて損はないでしょう。

 

そう考えると早めに自分で腰痛を短期間に改善する方法を、
手に入れておいた方がいいでしょう。
腰痛改善・解消ストレッチ「福辻式」DVDのレビュー