料理 ぎっくり腰

どのようにしたら料理しながらぎっくり腰を改善する事が出来るのか?

 

後屈改善タイプの場合

 

後屈改善タイプの人が、炊事をする時に、料理や洗い物に集中して
つい前屈みの姿勢を続け、腰痛が悪化する事は少なくありません。

 

特に身長が高い人は、自宅の台所では、どうしても
前屈みになってしまいます。

 

このような場合は、腰に痛みが出てきたら、「反らす動きを主体にした腰ゆらし」
をすると良いでしょう。

 

また、腰を反らす時に台所の流しに寄りかかって行えば、より効果的に出来ます。

 

前屈改善タイプの場合

 

前屈改善タイプの人が、台所にずっと立って食事の仕度や洗い物を
腰を伸ばした状態でしていると腰痛が悪化してきます。

 

なので、前屈改善タイプの人が炊事をする時の腰痛改善方法も、
やっぱり
「腰ゆらし」なのです。

 

このような場合は、腰が痛いと思ったときには意図的に、
「腰を曲げる動きを主体にした腰ゆらし」をすると良いでしょう。

 

た、台所の流しにつかまりながら行うと、体重の負荷を減少させる事が
出来るので、腰の緊張が和らいでより効果的です。

 

 

掃除しながらぎっくり腰を対策するにはどのようにしたら良いのか?

 

後屈改善タイプの場合

 

 

休日にお風呂場や部屋の掃除をする事も腰痛の原因になります。

 

なぜなら、後屈改善タイプの人は、掃除機やほうきを使うときに背中が丸まり、
腰を痛める事が多いからです。

 

なので、掃除機やほうきの先端を出来る限り体に近づけて、腰を伸ばした姿勢を
キープしたまま掃除をする事が大切なのです。

 

前屈改善タイプの場合

 

 

前屈改善タイプの人の場合、お風呂掃除や短めのほうきで部屋を掃除している分には
心配ご無用です。

 

ですが、窓ガラスを拭いたり、はたきをかけたりしていると腰痛を感じます。

 

なぜなら、前屈改善タイプの人は、腰を伸ばす動作が腰にダメージを
もたらしているからです。

 

なので、前屈改善タイプの人は、腰を伸ばさないで済むように工夫する事が大切なのです。

 

例えば、高いところを掃除する時には、
「脚立や椅子に上がるなどして作業する事」で腰を伸ばさなくても済みます。

 

 

ちなみに、慢性の腰痛で悩んでいる方は、なかなか無料の情報だけでは
治す事は難しいかと思います。

 

例えば、このDVDなどは4枚セットになっていて
非常に濃い内容になっています。

 

効果保証などもついているので試してみて損はないでしょう。

 

そう考えると早めに自分で腰痛を短期間に改善する方法を、
手に入れておいた方がいいでしょう。
腰痛改善・解消ストレッチ「福辻式」DVDのレビュー